2011年12月11日日曜日

介護職02_初めての特養。1週間で早くも大問題!?

介護職員02「特別養護老人ホームに就職」
前回記事の通り、入社前なのに何故か職場の飲み会の席にいた私。

周囲からは「こいつ誰・・・?」的な雰囲気を感じるも、気にしません。

「宴もたけなわ」は、「縁もたけなわ」なんです。
お酒のパワーもあって、最終的には諸先輩方から「明日からが楽しみやな!」と可愛がってもらえました。

調子に乗った私は、「二次会いきましょか!」と先頭に立ってノリの良い人を集め次の店へ。

最終的に3次会まで引っ張ったのですが、
最後は2人のサシ呑みになってました。
この相手が問題だったようで、後に他の先輩から愚痴を言われますが、これはまた別のお話し。


結局、一日目は2時間ほど仮眠を取っての眠たい出勤でした。
若気の至りというやつです。

もう4年前ですので、信用出来ない記憶ですが、初日の感想は「楽しい!」「幸せ!」でした。
自分に向いてるとも思えました。
ばあちゃん達も、時には私を取り合いしてくれたりと、孫のように可愛がってくださったり。

一般的に汚れ仕事で嫌われるであろう「オムツ交換」なんかも、特に抵抗無く、とにかく早く一人立ちしたくて覚えるのに必死だったと思います。

そして、入社1週間経つか経たないかで大問題。



ある日の昼食時の出来事。

ここの法人では、昼食は事務職だろうが、ケアマネだろうが、全員が特養のじいちゃんばあちゃんと同じテーブルで食事をします。

経験の無い自分にも、これは良いなと素直に思えました。


余談


@休憩と食事介助について


未だに、職員が休憩時間を使って、利用者さんの食事介助を強制的にしなければならない施設がありますが、あれには反対です。

そんな考えの法人は、事あるごとに、記録だ行事だと、ボランティアという名の無賃労働を、悪びれる様子も無く当たり前のように求めてきます。

ひどいところだと、無賃労働をしない職員に対し「怠慢な職員!」という烙印を押すバカもいるとか。
最低限のタイムテーブルを組む能力も無い施設だと公言してるようなものです。


私の大嫌いな「ボランティア精神の強要」

変なことしなくても、この業界に入ってくる職員さんは、ボランティア精神に溢れてる人が多いんですから、運営側には、自発的にボランティアをしたくなる環境を作る努力をしてほしいものです。

ちなみに、ここの特養では、利用者さんの食事介助をしながら職員も食事をするのですが、その時間はもちろん勤務時間扱いです。





閑話休題。

特養職員だけでは手が足りない時は、他部署の職員が当たり前のように、食事介助をしてくれるわけです。
潔癖症の施設長以外は。

ある片麻痺のおじいちゃんが私にボソっと。

爺「Yさん(施設長)いつも、怖い顔してるなぁ・・・。」

と、何気ない言葉を掛けてこられた。
前日にも、他の利用者さんから言われたことでした。
確かに、施設長のしかめっ面はよく見られ、周囲の空気がピリっとするんですよね。
ハッキリ言って気持ちよくない。

自分の気持ちとしては、
「せっかく、上に来て食事するなら、笑顔で楽しく頼んます!」
「施設長は手が足りん時でも食事介助せんねんから、雰囲気壊すだけやったら、邪魔やから上に来んとってくれ!」

これが素直な感想。
まだまだ若かったこの頃。
結構イケイケでしたので、相手が誰であろうと、言いたい事を言ってしまう私は早速。。。。

みやび「施設長!顔が怖いみたいですよ~。せっかく美人なんですし、じいちゃん達が笑顔を求めてましたよ^^」

施設長「あらら。怖い顔してたかな?^^」


一見、普通の会話でした。

昼休憩後に、課長が血相を変え、ダッシュで私の元に来る前までは。
(ホントに焦って走ってきた)


課長「みやびさん!施設長に何言ったの!?」

み「え・・・・?」


課長「新人の教育が成ってないってすごく機嫌が悪いのよ。」



あー。たぶんあのことかな。


みやび「利用者さんが顔が怖いって言ってましたので、笑顔をお願いしましたけど、ダメでした?」

課長「うーん。尋常じゃない怒り方だったのよねえ。気難しい人だけど。。」


み「すみません。自分から謝っておきます。」

課長「うん。ごめんなさいね。」



失敗したなあと反省。



・・・・・翌日。

夜勤者からの朝の申し送り時、

施設長「新人の教育はどうなってるんですか!」
施設長「何も知らない新人が!!」

謝罪後も、これが1週間続いたらしいです。。。。。


不名誉な事件で有名になってしまった私に周囲は、

先輩A「施設長怒らせたらヤバいで~w」

先輩B「みんな思ってても言えんことやのに、お前度胸あるなw」


色々言われました。


どう考えても、事件前までは施設長に好かれてたのになあ・・・・。


女性って難しい。


*万が一、近しい関係者が見てしまったら、私が誰か分かると思いますが、その時はリアルで言ってきてくださいね。ここで施設名などは出さないでくださいませ。




■介護職員に読んでもらいたい本
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿