2013年3月9日土曜日

介護施設に身内を預ける「責任」と「信頼」@介護Tweet06

介護施設に身内を預ける「責任」@介護Tweet06
親類を施設に預ける前には必ず自前チェックを。

管理者に質問したところで返答が全て本当とは限りません。
酷い施設は「免許を持った職員が毎日美味しい食事を作っております」←名義貸しで栄養士でも調理師でもない低賃金無免許パート。
中抜きに縁者の会社を挟む等実際あります。

そうしたマヤカシ施設は総じて良識のある職員は辞め、どうしようもない職員だけが残っていきます。
当然食事以外もケアの質が低下します。
新人も質の低い教育を受け弱い者は思考が麻痺。
当たり前だと思うようになり施設にとって都合の良い職員が次々出来上がる。

そうして出来上がった職員の特徴としてストレスから強者に媚び、弱者を苛める人が出てくる。
その弱者の代表があなたの預けた「親類縁者」です。
気付いたときには時すでに遅しにならないよう、大切な人を預ける前にはしっかりチェックをしましょう。

外部からのチェックが行き届くほど施設の質も上がり、結果的に職員の質の向上にも繋がっていくと思ってます。
施設側だけに任せてもダメです。
ただのクレーマーにはなって欲しくないですが、預ける側も責任を持ちましょう。






上述のTweetは、実際にわたしが勤めていた有料老人ホームの実態の一部です。
介護施設というものは閉鎖的で村社会な、外からは中々見えないものが多いです。
働いている職員でさえ、分からないことが多いのですから。


過去にTVニュースで、不信に思った家族がテープレコーダーを親御さんの居室に忍ばせるという内容を見た方もいらっしゃると思います。
複雑な気持ちではありますが、心情お察しします。

モラルに欠ける施設に預けてしまった場合、家族が守ってあげないと、預けられた利用者さんにはどうすることも出来ません。
無力です。



預ける側のチェックと言っても何をどうしたらいいものか。
施設をハナから信用しない姿勢もどうかと思いますし、最初からレコーダーなんてものはオススメ出来ませんが、
入所前に気になる点を質問し、日付担当者名と共に返答をメモに残し、問題が起こった際の最低限の言質材料にする。
パンフレット等の資料は、その当時のものを保管しておくのもひとつかと思います。
入所後に食い違いが出てきたときの、ひとつの証拠になるでしょう。


預けた後も、
定期的に施設側とご利用者親族との懇談会意見交換会が開催されているなら、極力参加する。
他の親族同士で横の繋がりを持てば、頻繁に面会に来られている方からの生の情報も入ってくるでしょう。

面会に訪れ、施設内の空気感を肌で感じることも大切だと思ってます。
何度か足を運んでいれば、感じることはたくさんあると思います。

外部の人間が来たと感づくと、利用者さんへの態度、言葉遣い、声のトーンまでが突然変わる職員。
面会に行くと、毎回排泄の悪臭が利用者さんから漂っている。
衣類が食べこぼしで常に汚れた状態。
親御さんの肌も見てあげてください。
アザが有れば、何で出来たものか聞いてみましょう。


知りたい事は知れるように自分で動きましょう。
こんなことは、クレーマーでも何でもありません。
内情を知っていただけると悪い面だけでは無く、真面目に頑張っている法人職員の努力も知っていただけることでしょう。
施設側との信頼関係を築く上で、必要なことです。

何より世の中との接点の乏しいカゴの鳥状態の利用者さんにとって、身内の方が面会に来てくださるのは1番の楽しみであり、生きる力になります。
それは、私たち介護職員には難しいことです。


忙しくなかなか面会に来られない方もいらっしゃるでしょう。
でも、関係を築こうとする他の方が増えれば、結果的に同じ施設で生活されているあなたの親御さんを守ることにも繋がります。
毎日、面会に来られる家族もいらっしゃいます。
そういった方々の努力支えが、普段面会に行けない御自身の親御さんの為になっていることも知っておいて欲しいです。

職員も、面会者のお陰でその時間の見守り、食事介助、娯楽、精神安定と、ある意味職員の代わりに仕事をして下さっているということを自覚しておきたいですね。


わたしの思うクレーマー、モンスターペイシェント(自己中理不尽な要求をする患者とその保護者)は、
「常に自分の親に張り付いて見ていてください。怪我は絶対に許しません。」というような過度な要求をする方。
そのようなご要望は、超高級有料老人ホームにでも問い合わせをしてみてください。
御自身の時間を使って、カバーをしてください。
若しくは、専属の介護士看護士を雇うなどしてお金で解決しましょう。

お金も出さず過度な要求をされる方が1人でもいらっしゃると、途端に現場は混乱し、他の利用者さんへのケアの質が低下してしまいます。
他の利用者さんの受けるはずのサービスを強引に奪う行為であるとも言えます。
そもそも、それを受け入れようとする管理者もオカシイですが。


あとは、そうですね。
働く側の賃金が低いのも、質の低い職員が集まる理由のひとつです。
世間の声として、「介護職員の賃金を上げろ!」と国に対して声をあげてくだされば、票の欲しい政治家さん達が頑張ってくださるかもしれません。(笑)

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

1 件のコメント:

  1. 介護施設内全体に、レコーダーを設置を義務付けるのが良いと思うよ。介護職員の賃金を上げたとしても、ダメな職員はそのまま居座るだけです。良識を持った職員は、ダメな職員に従わなければ、離職する。それが、現状です。また、その施設の、施設長、ケアマネ、リーダーは、ダメな職員としてなった人達です。
    あくまで、ほんの一言です。

    返信削除